1. TOP
  2. 格安スマホを始める前に!
  3. 大手から格安スマホへは本当に大丈夫?おススメはズバリどこ?速度は?

大手から格安スマホへは本当に大丈夫?おススメはズバリどこ?速度は?

教えて!コンシェルジュ

格安スマホが気になる!大手から乗り換えるならどこがおススメ

コンシェルジュ
料金が1/3ほどになる格安スマホを選択肢に入れないのはもったいないです。サポートが弱い、速度が遅くなるなどの情報の真偽と、おススメの格安スマホを具体的にお伝えしていきましょう。

情報が多過ぎ!本当のことがわからない・・・シンプルに考えてみては?携帯電話を取り巻く事情が大きく変わってきています。

「安くて自分にピッタリの軽いサービスをしてくれる会社が増えてきた」それが格安SIMを扱う携帯電話事業者です。

 

本当に格安SIMにして大丈夫?

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から、安いというだけで「格安スマホ・格安SIM」に乗り換えて本当にいいの?

その心配はもっともだし、全員が全員、乗り換える必要はないでしょう。

 

少しでも通信費をおさえたいとお考えなら、乗り換えるのは決して悪いことではありませんし、すでに多くの人が実際に乗り換えて、楽々節約ができているのです。

 

私が格安SIMについて考えだしたのは、スマホにしてから、毎月の支払いがどんどん増えて、一人で月々7,000を超えた時です。

 

2〜3,000なら・・・と携帯電話を持ったはずなのに、気が付けば倍以上。そしてもはや手放せなくなるほど重要な存在になっていたのです。

 

どうしようかなぁ・・・いっそ止めてしまおうかなぁと考えていたころ、格安スマホが世の中に登場。

 

安いキャリアなんて恥ずかしい?いいえそれよりも、家計を圧迫していたスマホ代金が1/3になり、家族全員だと、毎月2万円近く、年間で20万円の節約になるということの方が重要でした。

 

家族には無理強いできないので、まずは自分で試してみようと。

初めはどこの格安SIMが自分に合っているのかもわからず、ハラハラドキドキする場面もありましたが、使っているうちに、気にしていたことは、それほど重要じゃなかったなと。

携帯電話なんだから、外で電話ができて、インターネットにつながればOKですから。

ただし、目的を誤ると、イライラしたり、やっぱりやめておけばよかった・・・となってしまうので、ぜひ、あなたに合った格安スマホ・格安SIMを見つけることが大切だと考えます。

 

ここでは、おススメをいくつか提案しますが、あくまでも参考です。

多くのサイトで、一押しやランキングをつけておススメしていますが、どうも、根拠がはっきりしないなぁと感じるのは私だけでしょうか?

 

なにかお買い物に行ったとき、いつも私は店員さんに、「あなたならどれを選ぶ?」をよく尋ねます。一番身近な人が選ぶものがトータルいいものなのでは?と思っているからです。

 

このサイトでは、私がこの状況ならこれを選ぶ」というのが基準になっています。

それを踏まえて読み進めていただき、あなたのお役に立てればと願います。

 

 

本当に安くなるの?

使い方次第とはいうものの、確実に安くなるでしょう。

1/2〜1/3になるというのが平均です。

 

基本料が全く違います。

そうなんです。

大手キャリアは、お店をたくさん自前で各地域に揃え、サポートは最高に丁寧人もたくさん配置しています。CMはテレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネットと、街中にあふれています。

そしてなんと言っても、通信をするための設備をしっかり保有し、日々メンテナンスを怠りません。

 

とにかくお金がかかります。

 

それに比べて格安スマホと呼ばれる各社は、それら全てが大手より格段に抑えられた状態です。

 

一番大きな違いは、通信設備で、大手キャリアの設備を借りている状態なのです。

なのでよく心配される通信エリアは全く同じなんです。

 

実は、通信速度は混みあうと遅くなる傾向にありますが、格安スマホ各社すべてが遅いわけではありません。

 

どれだけの通信速度をスマホに求めるか、そこも格安スマホを選ぶ大きな基準になりますね。

 

 

安いだけで選んではいけない!デメリットは?

初めて格安スマホにした時は、SIMカードが届くまで1日通信が使えず、Wi-Fiのみで過ごし、やっとSIMを手にいれれば、まず設定を自分でしなければならず、どうなることかと思いました。

 

今ではこうした情報はパソコンやスマホにいくらでも載っているし、スマホとSIMをセットで申し込むと設定を済ませてもらえることも多いし、実店舗も増えましたし、前もって心の準備をしておけば問題は小さいですね。

 

とはいえ、この時点で大きな問題を感じました。

店舗がない、教えてもらえない、任せられない、それがこんなに不便なものとは。

 

初めての格安スマホなら、近くに店舗がある、または電話でサポートしてくれる、チャットでこたえてくれる、という格安スマホの会社を選ぶといいですね。

 

 

そして2つ目の大きな違いを感じたのは外出先で。

 

「んん?繋がらない!?」

 

1日の多くをWi-Fi利用していたのですが、でかけてお昼休み夕方にネットに繋げようと思うとなぜか繋がらない

そう、多くの人がインターネットを使う時間帯になると通信網が混み合って、通信速度がかなり遅くなっていたのです。

あ〜遅いかもとは聞いていたけどここまでとは・・

自分がどのくらいの速さなら満足するのか、それを考えて契約するのが大切なんだなぁとまたまた感じました。

 

最高速度はあまり気にならないのですが、最低速度はチェックすべき!

 

その他、お店に相談できないということは、万が一水没したら?契約を変えたかったら?とたくさん不安材料があることに気づきました。

 

iPhoneだと、サポートはAppleがしてくれるので、キャリアとしてはあまり影響は受けないのでiPhoneは格安スマホ向けと言えますね。

 

ここ数年でサポート体制もずいぶん変わりました。格安スマホも実店舗が増えたり、大手家電量販店で販売やサポートができるようになってきました。

 

家電量販店などでのサービスは、購入時の設定などにとどまるところが多く、まだまだ大手キャリアと同等とまではいきません。

 

それと、大手キャリアではあるサービスが格安SIMにはない、あるいはオプションでつけなければ使えないということが多いです。

代表的なことで言えば、『家族割』とか『シェア』とか、電話の『かけ放題』『留守番電話サービス』など。

 

反対に言えば、いらないものはそぎ落として、必要なものだけ使ってその分の料金だけを支払う、個人にカスタマイズできるということなので、結果(料金)を見れば、決して悪いことではないんです。

 

「いくつかの違いを踏まえた上で、お手頃価格でサービスを使う」そう理解できたら決断しましょう。

 

深刻に悩まなくても、”実店舗の多いところ””通信速度の早いところ”など、押さえておきたい特徴を選べる格安スマホはありますので、まずはそういうところから始めて、慣れてきたらさらに自分に合ったキャリアを選ぶというのも良いかもしれません。

 

今まで試したことのない未踏の地を踏むみたいでワクワクしませんか?

 

そんな楽しいノリで始めてみてください。

 

 

格安SIMには電話できないものもあるの?

格安SIMを選ぶ上で、知っていて欲しいことが他にもあります。

まず、根本的にSIMの役割が違うものがあるということです。

 

通話ができる音声SIMと、データ通信のみのデータSIM、用途がわかれています。

 

 

大手キャリアのように使いたい場合は必ず『音声SIM』を選択します。

 

通話がないデータ通信のみのSIMでは、併用しているタブレットなどにピッタリです。

データ通信のみとはいえ、LINEやSkype、他にも通話ができるアプリなら使えるので、それでも構わないなら選択肢として入れてください。

 

あと、SMSが使えないと二段階認証などでは承認できないこともあり、データSIMにオプションでSMSをつけるというパターンもあります。

 

 

おススメの格安SIMを教えて!

スマホで何をしたいかによって、おのずと選択する格安SIMは変わります。

 

細々理由をあげて説明をしてから発表したいところですが、まずは私の中でのベストを公表したいと思います。

お叱りを受けるかもしれませんが、ハッキリ言ってしまいます!

 

Kおススメ格安SIM
    • 「とにかく早く」    →UQモバイルY!mobile
    • 「サポートをしっかり」 →Y!mobile・イオンモバイル
    • 「そこそこ揃って安く」 →mineo・IIJmio

 

 

 

なぜ絞ったかというと、これらが私の格安スマホ基準を満たしていたからです。

格安スマホ初心者でも、迷わず使えるレベルの事業者です。

 

もちろん、使い方次第で、好みの格安スマホの選択基準が変わってきますので、次にタイプ別で考えてみたいと思います。

 

あなたはどんなタイプ?

速度重視派

「とにかく速度が早くないといやだ!」

ちょっとしたタイミングでチャンスを逃すかもしれないじゃないか!イライラするのは絶対にイヤだから・・・それなら速度が速いことが必須です。

とは言っても、早いか遅いかの感覚は人それぞれ。私は遅くて大丈夫と思っていたのに、あまりに遅すぎてとってもイライラしてしまった経験が。

最高速度ではなく、最低速度が深く関わっています。

 

混雑するお昼休みの時間帯や、夕方から夜間の仕事が終わってからみんなが使う時間帯、どのぐらい低速になってしまうかが問題です。

大手キャリアの通信速度に慣れていると、この二社以外の格安SIMでは物足りないかも。

 

イライラのボーダーラインはYouTubeなどの動画がカクカクしてしまう4Mbps、それを下回らないことが重要です。実際、普通にネット閲覧でもフリーズか!と思ってしまうほど遅いこともあります。

 

常に遅いのはイヤ!なら平均速度40Mbpsを誇るこの二択。さほど気にならない程度に早くて他のサービスが充実しているものを選ぶのも有りです。

混雑していたら使わない、常にWi-Fiを持ち歩いているから関係ない、という場合はここは無視して他のサービスを比べましょう。

 

価格重視派

  • 0 SIM
  • DMMモバイル
  • イオンモバイル
  • mineo

「あんまり使わないし、とにかく安いのがいいの。」


とにかく安く!となれば、500MB以下なら通信料0円!(音声通話対応700円が必要)の0 SIMがあります。

500MBはすぐに使ってしまう量で、超えると100MBで100円と割高になるので、基本外では使わない、Wi-Fiしか使わない、という人向けです。

 

DMMモバイルでは通話対応SIMプランが1,140円から。遅いのが平気ならメールのチェックぐらいは可能でしょう。月額の10%ポイント還元があるのも嬉しい。

 

イオンモバイルは、500MB 1,130円〜解約時の違約金が必要なく、実店舗が多いのでサポートもバッチリ!初心者向けです。

 

mineoは500MBは1,310円と安くはないですが、多くの人が利用する3GBが1,510円で利用でき、他人とでもシェアできる独自サービス「マイネ王」があり、docomo・au・SoftBankのどの回線にも対応しているなど利点多数。

 

 

サポート重視派

「操作に自信がないからサポートがしっかりしててもらいたい。」

ならばやはり実店舗の多いところがおススメです。Y!mobileとその他では店舗数にかなり差があります。サポート重視なら全都道府県に店舗を構えるY!mobile。

 

イオンモバイルも健闘中。質問も丁寧に答えてもらえました。家電量販店にUQモバイル・LINEモバイル、多く見かけるようになりました。

ビックカメラにお店を持つIIJmioみおふぉんも設定までなら楽々です。

 

多くのMVNO(格安SIMを取り扱う事業者)が、大手キャリアとまではいかなくても、徐々に改善されています。今後に期待しましょう。

 

SNS命!

LINE・Facebook・Twitter・Instagramがカウントフリーで使いたい放題がいい!

DMMモバイルは別途オプション料金がかかります。

LINEモバイルでは、他のMVNOにはできない(Y!mobileでは可能)LINEのID検索が可能です。

 

「他で通信容量を使ってしまっても、LINEさえできればいいの!」「外ではLINE電話ばかりしている。」というなら他にはかえられないでしょう。普通の通信速度はやや遅めでも大目にみちゃう。

 

動画重視

  • BIGLOBE SIM

YouTubeやその他の動画を気にせず見たい。

 

3GB以上のプランにオプションでつけられるようになりました。動画好きにはこの一択。

 

主に電話派

「インターネットより電話をよく使う。」

ならばY!mobile一択になります。

 

各社10分国内通話かけ放題プランを主にオプションでつける中、標準でついていて、10分の枠を外すオプション「スーパー誰とでも定額」が月々1,000円でつけられる!

 

ナビダイヤルなど一部利用できない番号はありますが、国内通話は時間を気にせず利用できます。

イオンモバイルは、通常の電話ではなくIP電話なので、音質はY!mobileが〇。連続300分で一旦切れてしまうことから、Y!mobileに軍配が上がります。

 

子どもに持たせたい!

  • TONEモバイル

「家族には安心の設定があるスマホがいい。」

 

TONEモバイルはTSUTAYAが提供する、“初心者のための安心のスマホ”

端末・プランが一つのみで月額1,000円というシンプルさ!

 

充実したサポートと、伝言がチェックするまで消えない・位置確認できるなどの安心機能がたくさんある。

箱にスマホを置くだけで不具合を検知して設定を戻してくれるし、遠隔操作でお助けできる機能がついているので家族は安心できる、などなど。

 

どうせならポイントをつけたい

月額使用料分の楽天ポイントがつく楽天モバイル

動画再生速度にやや不満が残るものの、端末保証があったり、リモートサポートがあり、なかなかのサポート。

若干トータルの値段が高くなるのですが、インターネット通販などで楽天をよく使うなら選択肢に。

 

LINEモバイルでは、月額使用量の1%のLINEポイントがもらえる。LINEポイントの用途が、スタンプだけでなく、広く使えるようになってきているので、ポイントを貯める楽しみを持つのも◯

 

標準的な通信量の目安

大手キャリアではあまり気にもせずに使っていてよくわからないということも多い通信量。

ずばり目安は3GB!

 

家と会社にWi-Fiがあって、通勤時やちょっとした外出のみ通信を使う人ならさほど使う量は多くないでしょう。それでも500MBとなると少し不安。

足りなければ買い足せるのだけど、もともとの設定とは違い、買い足す分はちょっと高めの値段になるので、その点に注意が必要です。

 

そして、各社1GBと3GBの値段の差があまりないことが多いので、どうせなら3GBにと選択される理由の一つです。100円の差なら安心料を入れて3GBの方をおススメしたいのです。

 

とりあえずは3GBから始めて、それでも毎月買い足さないと足りないという現象が起きればもう少し容量を上げるようにすればいいでしょう。

 

ただし、動画をよく見るとか、1日中ゲームをするなど、利用が激しいことがわかっている場合は始めから5GBなどからのスタートをするといいですね。

動画をゆっくり見ると、それだけで1GBなんてすぐですから。

 

まず、現在自分がどのくらい利用しているかを調べる方法は下記まで。

 

まとめ

大手キャリアから格安スマホへ乗り換えていいのかどの格安SIMが合うのかを、目的別にざっくり簡単にまとめてみました。

細かい設定は割愛して、「私ならこう選ぶ」を記載しています。

 

気になるSIMを見つけて乗り換えたら、思ったより簡単だったびっくりするほど支払いが減って携帯電話料金が気にならなくなった、という人が増えているからこそ、格安スマホは市民権を得たのでしょう。

 

悩んでいるなら早く始めてみることを強くおすすめします!

あと、格安SIMをうまく使いこなすにはやはりWi-Fiが必須!

上手に使ってお財布に優しい格安スマホは、ますます身近になりましたよ~。

iPhone7販売開始!

いよいよiPhone7が格安スマホにお目見えします!

iPhone7は、12MPカメラ搭載!iPhone初の耐水防塵の機能を備え、おサイフケータイに対応します。 Retina HDディスプレイで画面がキレイ!バッテリーも長持ち設計です。 昨今大型のスマホが増える中、多機能でありながらしっくりと手におさまるiPhone7は大変おススメです! 機種代金は月々1,404円から!もちろん『ワンキュッパ割引』も適用できる。
たとえばiPhone7の32GB、24回払いでスマホプランSを家族割で新規申込の場合 →頭金540円、月々の支払いが機種代金コミでたったの3,542円!(1年目)

さっそくiPhone7をみてみる>>

iPhone6S緊急値下げ!

iPhone6Sがお手軽価格で手に入る! 頭金500円、スマホプランS、データ増量オプションが25ヶ月間無料『ワンキュッパ割引』適用で月々3,218円から!

iPhone6Sをチェックする>>

 

iPhoneSE128GBが驚きの!!

この角ばったiPhoneが大好き!頭金たったの500円で!月々驚きの・・・

iPhoneSEをチェックする>>

 

HUAWEI P20 lite緊急値下げ

ダブルレンズカメラ・自撮りを美肌撮影できるHUAWEI P20 liteが、実質機器代金0円へ値下げ中!!!!!

SIMフリーの定番!HUAWEIから、早くもP20liteが値下げ!

急速充電(10分間の充電で約24時間の待ち受けが可能)でき、光沢があり高級感漂うボディー。

19:9の約5.8インチのディスプレイで大画面なのに片手で持ちやすいのも操作しやすく、ゲームをする人や女性にも人気No.1機種です。 HUAWEI P20 lite緊急値下げをチェック>>

 

かんたんスマホなら60歳以上ずーっと無料キャンペーン中!

60歳以上でかんたんスマホを選ぶと、『スーパーだれとでも定額』の月額料が無料になるキャンペーン中! 国内通話をいつでも安心して利用できます。

通話が多い60歳以上の方におススメです。 かんたんスマホが月々いくらかみてみる>>

 

\ SNSでシェアしよう! /

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

K

K

ドコモ、Tu-Ka、au、Softbank、ウィルコム、ワイモバイル、mineo・・・と、いろんな携帯電話会社にお世話になってきました。今はSIMフリーのiPhone7plusとHUAWEI P10 LITEの2台持ちで、格安SIMを試す日々。海外旅行の時もSIMフリーになって楽になりました!

関連記事

  • 中古スマホ購入の注意点と危険性は?白ロム赤ロムってどういう意味?

  • MNPも楽々【格安スマホ】へ乗り換えのタイミングと手順を全部チェック

  • 乗換え時のバックアップとiPhone・Androidの連絡先やデータの引継ぎ方

  • 【格安スマホ】何が違う?超初心者でも5分で仕組みがスッキリわかる!

  • Wi-Fiを使い倒してスマホ代金を節約せよ!初心者にもおススメ簡単設置

  • UQモバイルVSワイモバイル!LINEのID検索は?1分でわかる比較と選択