1. TOP
  2. 格安スマホを始める前に!
  3. 格安スマホでも海外で使える?せっかくのSIMフリーならプリペイドSIMを!

格安スマホでも海外で使える?せっかくのSIMフリーならプリペイドSIMを!

教えて!コンシェルジュ

格安スマホを海外で使うには?

コンシェルジュ
SIMフリースマホなら海外用のプリペイドSIMを購入すれば、手持ちのスマホそのままにお使いいただけます。ポケットWi-Fiをレンタルする方法もあります。大手キャリアと同じように国際ローミングでデータ通信ができる格安スマホはワイモバイルのみとなっています。それぞれ使えない機能や、料金などに大きく違いがあるので、ここでは初心者さんにわかりやすく簡単に説明しましたのでごらんください。


PR

 

海外で格安スマホを使うときの注意

海外でスマホを使うときに、大きな分かれ目となるのが『ローミング』という機能。

このローミングを使用すると、別料金が発生し、帰国後多額の請求(〇〇万円とか)がきてビックリしてしまうことも。

安全策を取るならローミングをオフにして、別の方法で通信するしかありません。

 

ただ、ローミングをオフにして、プリペイドSIMを利用した場合など、国内と同じ電話番号が使えないといった問題が出てきますので、その対策をしなくてはなりません。

また、ローミングをよく理解した上で、各社のローミングをあえて利用することもできます。

 

ローミングを利用しても、格安スマホでは、音声通話とショートメッセージしか使えないことも多いので、しっかり理解してから始めるのが重要です。

 

国際ローミングは高額?

国際ローミングってなに?

海外で携帯電話・スマホを使う時に、海外の携帯会社のネットワークを使用し日本にいる時と同じように音声通話やパケット通信を利用できるサービスのことです。

ところが、国内で使うパケットサービスとは少し違います。

もともと国内で利用しているパケットは使うことができません。

定額で利用していても、それは国内のみ。海外用は海外利用時に、別で定額プランがあるのが通常です。

 

格安スマホでは通話のみ?

格安スマホを取り扱うMVNO業者では、国際ローミングができるといってもすべて【通話のみ】です。

通信も国際ローミングができるのは大手キャリアのドコモ・au・ソフトバンク、そして格安スマホを取り扱うワイモバイルだけなのです。

ただし、ワイモバイルでSIM単体で申し込んだ場合、契約から4ヶ月目の末日まで申し込むことができません。

ワイモバイルの海外での利用は下記にまとめてありますので参考までに。

https://sumaho-concierge.com/ymobile/kokusaismartphone/

 

国際ローミングが高額になることは有名ですが、それは、『定額サービス』が現れて、通信については定額となり安心できます。(以下に紹介するSIMフリー端末+プリペイドSIMの方がお安くはなりますが)

ただし、電話はまったく別で積算されます。しかも通話は国内かけ放題はもちろん使えず、1通話の料金も高く、通話が多いとやはり高額になります。

定額サービスは通信のみで、通話やSMS(音声通話回線を利用するので)は別料金です。

SMS1通100円ということは、こちらもうかつには利用できません。10通1,000円になりますからね!

日本国内で使っている電話番号そのままで利用できることは大きなメリットです。

高額にはなりますが、どうしてもつないでおきたい場合は心強いサービスです。

 

SIMフリー端末+プリペイドSIM

現地でSIMを購入パターンと、日本で現地で使えるSIMを購入しておくパターンがあります。

どちらも通信用、及び現地での通話用です。

日本に電話するなら国際ローミングも利用できるのですが、通話料が心配なので、管理人のおススメは050で始まるIP電話を利用することです。

日本国内とまったく同じ電話番号で、日本にかけても、日本からかけてもらっても、日本にいるときと同じ料金。それぞれの使い方を紹介します。

 

現地で格安SIMを購入する

格安スマホでは多くの場合、SIMフリー端末を利用していると思いますが、大手キャリアのSIMロックがかかったまま格安SIMを利用している場合は、この方法が使えません。

SIMロック解除しておくことをおススメします。

基本的にSIMロック解除してあれば、現地SIMに対応可能ですが、100%の保証はないとのこと。海外に行くことが多いなら、購入するときからSIMフリー端末を選択しておくのが得策です。

 

現地プリペイドSIMの入手方法ですが、現地の空港や、街中で入手できることがほとんど。渡航先にもよりますので、下調べは念入りにしておきましょう。

  • 到着の空港は無料のWi-Fiが使えるか
  • プリペイドSIMを空港で購入可能か
  • 現地の地図をオフラインで使えるようにダウンロードしておく
  • そこに行きつくまで国際ローミングができる状態か

などがポイントになってきます。

 

販売店まで、どうやっていけばいいのか、スマホの地図にいつも頼っていると、それが利用できないことで途方に暮れることになります。

しっかり予習しておきましょう。

 

現地SIMには現地での通信と通話がついているものを選べますが、SIMを差し替えてしまうと、いつも使っている日本での電話番号とはまったくつながらなくなるのでご注意ください。

スマホを2台持っているとか、デュアルタイプ(2枚同時にSIMを入れておける)なら、国内で使っているSIMを入れていかしておいてもいいですね。

通信や現地での電話は現地SIM、日本からかかってくる電話は日本のSIMで待機することが可能になります。

 

日本国内で海外SIMを購入しておく

そんなリスクは負えない!!

という場合は、渡航先にもよりますが、Amazonや楽天にて、海外SIMを購入することができます。

先に購入しておくと日本語マニュアルがあるのも大助かりです。

 

言葉の不自由な現地でお店を探すのは一苦労。

実際に、台湾で、たまたま空港にあるお目当てのショップへ行ったものの、「パソコンが動かないので処理ができません」みたいなことであっさり断られました。(日本みたいにガチガチじゃないんですね)

結局、台湾には観光地にはほとんどフリーWi-Fiが飛んでいましたし、ホテルではWi-Fiが自由に使えましたので、困ることもなく、最後までプリペイドSIMは購入しませんでした😅

とはいえ、やはり知らない土地で、言葉も通じないとなると、「頼れるのはスマホだけ」状態です。

前もって用意できるのならそれが一番ですね。

お値段は、若干高めぐらいで、土地によっては現地で買うのとほとんど変わらないぐらいですので、お店を探す時間を考えれば安いとも考えられます。

 

こちらも電話番号は別に発行され、日本からの電話は受けられなくなります。

同じように2台持ちデュアルSIMで、日本からの通話に備えておくことが可能です。

 

海外用ポケットWi-Fiをレンタル

管理人が今までで一番使ったのがこのグローバルWiFiです。

広く使われるWi-Fiのレンタル

なんと言っても、現地で電源を入れるだけで使える気安さがウリです。

 

少し前に予約しておき、自宅に送ってもらうか、空港での受け取りで気軽に利用することができます。

ハワイなど、日本人が多い滞在先ならば現地でレンタルすることもできますが、現地での時間を節約したい場合は日本で借りてしまう方が便利でしょう。

日本でレンタル開始で返却となると、のべ2日ほどレンタル期間が長くなるので、現地で貸し出し・返却するよりは少し割高になるかもしれません。

個人的な意見ですが、空港へはどうせ早く行きますし、日本でのサービスが何と言っても最高だと思うので日本でレンタルがおススメです。

ところで、SIMフリー端末+プリペイドSIMとどちらが良いか?

両者の違いは

レンタルWi-Fi SIMフリー端末+SIM
ポケットWi-Fiを持ち歩く スマホのみで楽々
充電必要 SIMの管理
現地電話は高額 現地電話が無料などが多い
複数人で使用しやすい 個人用またはテザリングで共用
設定済みなので簡単 設定しなくてはいけない
料金はちょっぴり高い 激安で利用できることも
ハードル低め ハードル高め

 

初めての海外利用ならレンタルWi-Fiが楽でしょう。

もしもあなたがお手元にSIMフリー端末をお持ちならぜひプリペイドSIMにも挑戦を!

お安く済むことと、持ち歩かなくて良い点がやっぱりラクです。

もし持ち歩いている時にトラブルがあるときのための保険に入っているか?とか気になりますしね。

国際ローミングをしない場合は、勝手に端末がローミングを始めないように、必ずモバイルデータ通信をオフにしておきましょう。Wi-Fiのみの利用となります。通話料は着信時にもかかりますのでそれを避けるなら、さらに機内モードにしておくのがおススメです。機内モードにしてあると通話とSMSは利用できません。

 

日本国内で利用できる電話番号をそのまま海外に持ち出せるもう一つの方法

そして、SIMを入れ替えている間、日本での電話番号を封印することになりますよね?

そんな時は、050で始まるIP電話を利用しましょう。

日本にいる時から使えるので、連絡先の一つに加えておけばいいだけ。

 

LINEなどのアプリ間通話とは違い、固定電話にもかけられるのが魅力です。

そしてその料金は信じられないほど破格

(ただし、通話品質は通常の音声通話ほどではありません。)

 

おススメはNTTコミュニケーションズが運営する050plus/ケイ・オプティコムが運営するLaLaCall。

同じアプリ同士なら無料で通話ができる他、固定電話にもかなり安いです。

 

まとめ

海外にスマホを持ち出して、自由に旅をしてみませんか?

もっとも軽快に海外にいけるように、自分のスタイルを見つけてください。

格安スマホでSIMフリー端末を手に入れたなら、海外でプリペイドSIMを使えるチャンスです。

本日は【海外で格安スマホを使う方法】をお届けしました。

 


PR

 

\ SNSでシェアしよう! /

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

K

K

ドコモ、Tu-Ka、au、Softbank、ウィルコム、ワイモバイル、mineo・・・と、いろんな携帯電話会社にお世話になってきました。今はSIMフリーのiPhone7plusとHUAWEI P10 LITEの2台持ちで、格安SIMを試す日々。海外旅行の時もSIMフリーになって楽になりました!

関連記事

  • 中古スマホ購入の注意点と危険性は?白ロム赤ロムってどういう意味?

  • ウイルスにスマホが感染!?そうなる前にやっておくべきこと6選

  • 乗換え時のバックアップとiPhone・Androidの連絡先やデータの引継ぎ方

  • 【格安スマホ】何が違う?超初心者でも5分で仕組みがスッキリわかる!

  • テレビをスマホで無料で見るには?ワンセグ・フルセグ・チューナーで

  • SIMロック解除にはどんなデメリットがあるの?auのiPhoneでやってみた