1. TOP
  2. Y!mobile使い倒し
  3. 快適モード【Y!mobile】設定の方法と解除方法および注意点はあるの?

快適モード【Y!mobile】設定の方法と解除方法および注意点はあるの?

 2019/01/05 Y!mobile使い倒し サービス  

教えて!コンシェルジュ

ワイモバイルの快適モードってなに?

 

コンシェルジュ
料金プランの規定容量を超えても通信速度を低速化することなく高速データ通信のままで使えるようにするオプションサービスです。

以下特別な表示がない限り、消費税抜きの価格が示されています。


PR

快適モードとは?

快適モードってどんなもの?

ワイモバイルでは、対象の料金プランの規定容量に達すると、通信速度が低速化するようになっています。

Y!mobileは他の格安SIMより高速通信が安定しているところに圧倒的な魅力があります。

しかしそれが低速化するとなると、通信中にデータが途切れたり、フリーズしてしまったりすることがあったりと、はっきり言って“イライラ”することもしばしば・・・

そんなことがないように、ある程度上限を決めて、上限までは追加料金を支払っても高速通信でいられるように設定することができるのです。

 

また、データ増量オプションを利用していたら、無料キャンペーンでの増量分も、追加をかける時に、高速化に戻すための操作が必要です。

料金が発生する前に警告のつもりで快適モードにしないのもありですが、大切な瞬間を逃さないために許容範囲で『快適モード』をつけておくのもストレスなく操作できるのでおススメです。

 

申し込みに料金は発生する?

快適モード自体に料金はかかりません。つまり無料で使えるオプションです。

ただし、無料で使えるデータ増量オプション分を除いて、高速化にするには料金が発生します。

ワイモバイルはとてもシンプル

500MB=500円

 

1回の利用で500円

2回で1,000円

3回で1,500円と言った具合。

 

仕組みを教えて!

対象各料金プランの規定容量

スマホプランS:2GB

スマホプランM:6GB

スマホプラン L:14GB

データプランS:1GB

データプラン L:7GB

ケータイプランSS:2.5GB

Pocket Wi-Fiプラン2:7GB

Pocket Wi-Fiプラン2ライト:5GB

 

Pocket Wi-Fiプラン2ご利用でアドバンスオプション加入中は要注意!必ず端末本体にて「アドバンスモード」へ設定変更してください。利用状況によって高額請求になる恐れがあります。

 

上記の対象各料金プランの規定容量上限をした場合、通常は低速化されるところ

低速化せず高速データ通信を維持

上限(1〜14回)の設定ができるので、使いすぎの心配はありません。

 

 

快適モードの使い方

申し込み方法は?

My Y!mobile からの設定

My Y!mobileから簡単にできます。

My Y!mobile→「データ通信量」・「もっとみる」→「ご利用モードの設定」・「次へ」→「通信速度状況の確認・変更」で回数を選択し「次へ」→「設定」→「OK」で完了です。

 

 

ワイモバイルカスタマーセンターに電話する

わからない場合は電話をするのが手っ取り早いです。

ワイモバイルではカスタマーセンターが充実していますので、電話かチャットで聞いてみましょう。

 

高速通信に戻す上限回数はあるの?

回数制限の上限は、1~14までです。あと、無制限も選択できます。

上限の14回に設定すると、最高で、500MB×14回=7GB、500円×14回=7,000円

かかることになりますが、そこまで使用しなければ、使用した分までの料金となります。

無制限にすると、確かに快適ではあるかもしれませんが、思わぬところで高額になる可能性がある、ということは忘れないようにしましょう。・・・というか、絶対におススメはしません!!

一度設定すると、翌月以降もずっと継続されるので、「今月だけは」というときには、月が変わればすぐに設定しなおしてください。

 

僕のお小遣いだと1,000円アップが限界だ〜!
コンシェルジュ
では2回までに設定をしておいてくださいね。

 

データ増量オプション中なら増量分を追加する時にも、My Y!mobileでの操作が必要です。

無料分だけでも快適モードオプションを利用するのもよし、警告として、低速を一旦受け入れ、手動で高速化するのもよし。

 

なお、21時以降にモード切り替えや、回数の設定変更をした場合は、翌朝の7:30に反映されます。

 

設定の容量超過後も高速通信に戻せる?

もしも快適モードオプションを2回に設定して、その2回に達したあと、容量がオーバーするタイミングで通信は低速化します。

そうなると、手動で、都度チャージすることができます。

低速化は、128Kbpsに速度が落ちます。動画を観たりはとても満足にはできませんが、メールを閲覧したり、文章の閲覧程度ならできる速度なので、月末だとしたら、少しの期間低速で我慢しておくのも良いです。

というのも、ワイモバイルは、翌月にデータ容量を持ち越すことができません。

できるだけ、ちょうどを使いきることを目指しましょう。

 

 規定容量超過後の追加料金

追加料金は常に

500MB=500円

です。

シンプルな料金体制です。(快適モードで追加したからといって容量が増えるわけでも、手動にすると値段が上がるわけでもありません。)ご安心ください。

 

快適モードの注意点・気をつけたいこと

快適モードのデメリットとしては、快適過ぎて、つい使い過ぎてしまうことでしょうか。

Y!mobileは、多くの格安SIMとは違い、高速通信を安定して提供することが特徴となっています。

 

普段、サクサク使えるので、「規定容量超過しましたよ」という警告がないまま追加のオプションに突入してしまうと、知らぬ間にかなり料金が上がってしまう可能性があります。

快適モードは500MBずつの提供なので、自分の支払いの目安で1~14回の設定ができますが、低めに設定しましょう。

もしも、追加料金がかかるやいなや、「気をつけたい・自覚したい」なら、快適モードを利用しない方がいいです。

快適モードを利用していない状態を【制限モード】といいます。

仕事で、どうしても、「今低速は困るよ~」という人は、上限を決めて、ぜひ利用してください。

なお、毎月毎月、データ容量が規定を超過するようなら、プラン変更も視野に入れて考えてみてくださいね。

 

シェアプランはどうなるの?

親回線のみ申し込みができ、請求も親回線にされます。

シェアしているので、親回線が管理して皆で利用することになります。

 

必ずしも快適モードにする必要はありませんが

  • ちょくちょく超えることがある
  • 1回や2回、追加でデータ容量を増やしてもよい
  • 仕事でどうしても低速化しては困る

という場合は、サクサクのために、設定しておいてくださいね!

 


PR

 

ただいまデータ増量無料キャンペーン中!

新規契約、または他社からの乗り換え(MNP)、Softbankからの番号移行、契約変更のどれかで、スマホプランS/M/Lを契約した場合、データ増量オプションが最大1年間も無料になるキャンペーン中です!

乗り換えも機種変更も今がおトク

 

Y!mobileのホームページで詳しくみてみる>>

 

iPhone7販売開始!

iPhone7が格安スマホに!

iPhone7は、12MPカメラ搭載!iPhone初の耐水防塵の機能を備え、おサイフケータイに対応します。

Retina HDディスプレイで画面がキレイ!バッテリーも長持ち設計です。

昨今大型のスマホが増える中、多機能でありながらしっくりと手におさまるiPhone7は大変おススメです!

機種代金大幅割引!

たとえばiPhone7の32GB、24回払いでスマホプランSをおうち割で新規申込の場合

→頭金540円、月々の支払いが機種代金コミでたったの3,542円!(1年目)

さっそくiPhone7をみてみる>>


PR

Xperia 10 Ⅱ

迫力の映像を楽しめる21:9の有機ELトリプルレンズカメラ搭載!

2つのアプリを同時に表示・操作できるマルチウィンドウ機能など★★★★★!!!

Xperia10 Ⅱをチェックする>>

 

iPhone6S緊急値下げ!

iPhone6Sがお手軽価格で手に入る!

頭金500円、スマホプランS、データ増量オプションが25ヶ月間無料『ワンキュッパ割引』適用で月々3,218円から!

iPhone6Sをチェックする>>

 

 

かんたんスマホなら60歳以上ずーっと無料キャンペーン中!

60歳以上でかんたんスマホを選ぶと、『スーパーだれとでも定額』の月額料が無料になるキャンペーン中!

国内通話をいつでも安心して利用できます。機種代金値下げしました!!

通話が多い60歳以上の方におススメです。

かんたんスマホが月々いくらかみてみる>>


PR

\ SNSでシェアしよう! /

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

K

K

ドコモ、Tu-Ka、au、Softbank、ウィルコム、ワイモバイル、mineo・・・と、いろんな携帯電話会社にお世話になってきました。今はSIMフリーのiPhone7plusとHUAWEI P10 LITEの2台持ちで、格安SIMを試す日々。海外旅行の時もSIMフリーになって楽になりました!

関連記事

  • 【国際ローミング】海外で通話もできるワイモバイルのスマホの使い方

  • スマホプランのプラン変更申し込み【Y!mobile】月額割引は減額?いつから?

  • 【パケットマイレージ】貯め方・使い方をマスターY!mobileを賢く使う

  • APNの設定は難しい?iPhoneとAndroidでは違うの?ワイモバイルでやってみた

  • おうち割でワイモバイルは本当におトク?家族割との併用は?条件って?

  • ワイモバイル[Y!mobile]購入の流れ【安心の画像付き】到着までは何日?