1. TOP
  2. iPhone基本講座
  3. iPhoneの基本のき
  4. 5G対応のiPhone12を購入後にワイモバイルで契約して使えるのか?

5G対応のiPhone12を購入後にワイモバイルで契約して使えるのか?

教えて!コンシェルジュ

『5G対応iPhone12』はワイモバイルで使えるの?

コンシェルジュ
ワイモバイルでは、iPhone12シリーズ全ての動作確認ができております。全てのSIMフリー機種において、(動作確認はしていても)動作保証はしておりませんので、個々のiPhone12がお使いいただける可能性は非常に高いですが保証はされていません。そして2020年10月現在ワイモバイルは5Gに対応しておりません。ですが、実は大手キャリア様でも5Gを使えるエリアはごく限られており、実用化するのはまだ先というのが現状です。広く使えるようになる頃には格安スマホも5Gが使えるようになるかもしれませんね。

2021円2月18日より、ワイモバイルでは全プラン5G対応!!

ワイモバイルでは2021年2月18日より全プラン5G対応!基本使用料がなんと税込990円から!!(3GBのシンプルSでおうち割利用または2回線目から家族割を利用した場合)

新プランはワイモバイル公式サイトのこちら

https://www.ymobile.jp/sp/ym/

iPhone12シリーズXperia10 Ⅱや、Andoroid One シリーズかんたんスマホ2等 話題のスマホを多数取扱い中です。

 

格安スマホなら安心・安定のワイモバイル!

 

ワイモバイルオンラインストアにて簡単に料金シュミレーションができる!

24時間受付中!料金のシュミレーションしてみるにはこちらをタップ>>

(気になるスマホを選ぶだけでシュミレーションできます!)



PR

オンラインショップなら 三密なし!混雑なくいつでもOK!


PR

今さら聞けない巷で噂の5Gとは

5Gと4Gとの違いを教えて!

通信を行う上で、各社が提供する周波数は、インターネット普及に伴いどんどん混雑し、2020年10月現在では4G(LTE)がメインとなっています。

さらに帯域幅を広げて同時にたくさんのデータを送受信できるようにしたものが5Gということになります。

狭くて混雑する4Gの周波数帯から、広くてまだ空いている5Gを使うことができれば、その処理速度は格段に速くなるということです。

ただ、良いことばかりではなく、現在5Gが使えるところは全国的にみるとごくわずかで、ほとんどの場所では4G利用となります。

それに、バッテリーの消費が多いため、しばらくは、ダウンロード等では5Gを利用し、SNS等では4Gと使い分けした方が良さそうです。

 

5Gに対応しているスマホってたくさんあるの?
コンシェルジュ
各社販売されていて、iPhone12が5Gに対応したことで、出揃ったことになります。世界では5Gの普及が日本の何倍も進んでいるところがたくさんあります。
コンシェルジュ
5Gは、2020年10月現在大手キャリアでも使えるところが限られています。拡大中ですので、どの事業者様とも順次対応される日はそう遠くないでしょう。
そうなんだ。大手でも4Gとの併用になるんだね。4GでもiPhone12は使えるの?
コンシェルジュ
5G並みのスピードは望めませんが、お使いいただけます。5Gは使えるところがまだ限られていますので4Gでの利用が多くなります。
コンシェルジュ
特に政府が通信を「安く」「快適に」を後押ししていますので、期待できますね。

 

例えば一番わかりやすかったソフトバンクの例で見ますと、赤い部分が4Gピンクは2020年9月に5G黄色は2020年以降に5Gです。ドコモ、auでもスポット利用で、ほとんどの地域は対応に追われている状況です。

首都東京で、まだこれだけなのですから、本格的に使える日は先になりそうですね。

 

 

新しいiPhoneをワイモバイルで使うことを考えてみる

実は「ワイモバイルでは全てのSIMフリー機種の動作保証をしていない」のですが、ほぼ全てのiPhoneで動作確認ができています。

ちなみに今まで筆者はずっとSIMフリーのiPhoneでワイモバイルを利用しています。

iPhone6、iPhone7plusでもiPhone11でも、何の問題もなく使ってきました。Y!mobileにて動作確認ができているのでiPhone12もまずまず問題ないといえます。

iPhone12の動作確認ができております

大人気のiPhone12miniを手にしましたが、ワイモバイル4Gできちんと動いております。

5G対応のiPhone12をワイモバイルで使うためには、現在はワイモバイルで購入することができませんので、下記の方法に限られます。

  1. Apple社やビックカメラなどの量販店でSIMフリーのiPhone12を購入後ワイモバイルでSIMのみの契約をする。
  2. iPhone12を扱う大手キャリアでiPhone12を購入し、100日経過後、SIMロック解除をしてワイモバイルでSIMのみの契約をする。

1.SIMフリーのiPhone12を購入後ワイモバイルでSIMのみの契約をする

1の方法を選択する場合は、iPhone12の予約順に購入ができますから、まずは予約です。

(動作確認を待ちたい場合は少し落ち着いてからにしましょう。2020年11月16日現在使用していますが、使用中、本体がかなり熱くなるのが気になります。)

iPhone11ではマイナーチェンジだったので買い控えた人が、こぞってiPhone12を予約します。

予約順に販売されますので一日でも早く手に入れたければ予約を急ぐことしかありません。

特に、iPhone12で人気なのは、従来サイズより少しコンパクトで機能は満載のiPhone12mini(5.4インチ有機EL)、そして逆に大きくて6.7インチ有機ELを使ったカメラ性能がさらに素晴らしいiPhone12 Pro Maxです。

iPhone12(6.1インチ有機EL)、iPhone12 Pro(6.1インチ有機EL)は、先駆けて10月16日に予約開始で10月23日には発売になりますので、一日でも早く手に入れたいならこちらもありです。どの機能を取っても中間的な存在です。

スペックは後ほど掲載しますので、ご検討の参考になさってください。

昨今、キャッシュレスで財布を持たない人が増え、そうなってくるとどんどん大きくなるスマホさえ、持ち運びにちょっとしたストレスを感じる人が多いのではないでしょうか。

iPhone12miniの人気がすごいことになっているようです。

予約は11月6日開始、11日13日販売です。

PR

そして、コロナで人々の生活が一変し、対面での説明や販売が激減し、ネットでの購入や相談、店頭に出向くのも全てが予約制へと変わりつつあります。

ネットで購入するならApple社は信頼が厚く、とても丁寧な対応ですので安心して購入することができますね。

一番安く済むのが『新規契約』ですが、『乗り換え』でもOK。

MNP(ナンバーポータビリティ)で、電話番号を移す作業が増え、手数料がかかります。

自分で各種設定が必要ですが、以下の記事がお役に立てるかもしれません。

また、ワイモバイルにはチャットサービスが充実していますので、わからない時は利用しましょう。➡チャットで相談する

 

MNPも楽々【格安スマホ】へ乗り換えのタイミングと手順を全部チェック

APNの設定は難しい?iPhoneとAndroidでは違うの?ワイモバイルでやってみた

2.大手キャリアでiPhone12を契約し、SIMロック解除をしてワイモバイルでSIMのみの契約をする。

分割で割引があり、トータル支払いに負担がないこちらの方法を取る人もたくさんいらっしゃると思いますが、気をつけなくてはいけないことがあります。

  • SIMロック解除は101日目以降でないとできない
  • 分割払いをしている人は残金一括または以降割引なしの分割で支払わなくてはいけない(分割払い(割引なし)×残回数)
  • その場合それまで受けていた割引はその後適用されなくなる
  • SIMロック解除は自分ですると無料だけど店頭では有料になる
  • MNP(ナンバーポータビリティ)を使って電話番号を乗り換え時に移す場合は手数料がかかる
  • キャリアのメールアドレスは使えなくなる

 

以上が注意点でした。

 

また、SIMロック解除は自分でも簡単にできます。

SIMロック解除にはどんなデメリットがあるの?auのiPhoneでやってみた

 

ぶっちゃけ安く済むのはどれ?
コンシェルジュ
サービスが違いますので、金額だけで判断することはできません。iPhone12一括払いのお値段はApple社がお安いですが、分割で各社割引を適用しますと半額程度に設定していることが多いようです。
かと言って途中で格安SIMに変更しますと残金一括となり割引はなくなりますし、逆に継続して利用していると格安SIMとの月々の差額が大きくなり金銭的負担は大きいです。
格安SIMにするつもりなら、SIMフリーのiPhone12を購入するのが結局はお安くなるかもしれませんね。

スマホが安いと言っても月々の支払いが違うんだった。
コンシェルジュ
ワイモバイルでの5G利用がいつになるかは未定ですし、一長一短がございます。ただ、お安くということでしたら、いずれは格安SIMへの乗り換えは視野に入れるのがよろしいかと存じます。

 

iPhone12の特徴

iPhone12は4タイプ。

サイズはiPhone12mini→iPhone12・iPhone12Pro→iPhone12Pro Max と大きくなっていきます。

iPhone12の共通の特徴
  1. 5G
  2. A14
  3. Super Retina XDR ディスプレイ
  4. Ceramic Shield
  5. 耐水性能の向上
  6. ナイトモード
  7. 4K HDRビデオ撮影
  8. MagSafeアクセサリ

Apple公式ページはこちら

スペック比較

  iPhone12mini iPhone12 iPhone12Pro iPhone12ProMax
  iPhone12mini

iPhone12

iPhone12Pro

iPhone12ProMax

カラー ブルー
グリーン
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
パシフィックブルー
グラファイト
ゴールド
シルバー
容量 64GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
ディスプレイ 5.4インチ 6.1インチ 6.7インチ

有機EL(OLED)
Super Retina XDR
HDR

 

True Tone
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ

液晶 2,340×1,080ピクセル 2,532×1170ピクセル 2,778×1,284ピクセル
解像度 476ppi 460ppi 458ppi
最大輝度(標準) 625ニト 800ニト
最大輝度(HDR) 1,200ニト
高さ 131.5㎜ 146.7㎜ 160.8㎜
64.2㎜ 71.5㎜ 78.1㎜
厚さ 7.4㎜
重量 133g 162g 187g 226g
防沫性能・耐水性能・防塵性能 IEC規格60529に基づくIP68等級
(最大水深6mで最大30分間)
チップ A14 Bionicチップ 次世代のNeural Engine
カメラ デュアル12MPカメラシステム Pro 12MPカメラシステム
超広角 ƒ/2.4絞り値
広角 ƒ/1.6絞り値
望遠 ƒ/2.0絞り値 ƒ/2.2絞り値
ナイトモード ナイトモード
手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正 センサーシフト光学式手ぶれ補正
ズーム 2倍の光学ズームイン 2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト

最大5倍のデジタルズーム

4倍の光学ズームレンジ

最大10倍のデジタルズーム

5倍の光学ズームレンジ

最大12倍デジタルズーム

フラッシュ より明るいTrue Toneフラッシュ

スローシンクロ
ナイトポートレート ナイトモードポートレート
ポートレート 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
照明 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
その他写真 写真のスマートHDR 3
4Kビデオ

24fps,30fps,60fps

1080p HDビデオ

30fps,60fps

Dolby Vision対応HDRビデオ 最大30fps 最大60fps
ビデオの拡張ダイナミックレンジ 最大60fps
ビデオ手ぶれ補正 ビデオの光学式手ぶれ補正 ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
ビデオズーム

2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム

 

2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大6倍のデジタルズーム
オーディオズーム
2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大7倍のデジタルズーム
オーディオズーム
その他ビデオ QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
ナイトモードのタイムラプス
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ステレオ録音
インカメ

TrueDepthカメラ

12MPの写真
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash
写真のスマートHDR 3
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)対応
ナイトモード

D

eep Fusion

QuickTakeビデオ
アニ文字とミー文字
セキュア認証 Face ID TrueDepthカメラによる顔認識の有効化
Appleペイ Face IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
iPhoneに入れたSuicaやPASMOによる電車などの交通機関の利用、店頭での購入
ビデオ通話 FaceTimeビデオ
オーディオ通話 FaceTimeオーディオ
オーディオ再生

空間オーディオ再生 

Dolby Atmosに対応

ビデオ再生 HDR(DolbyVision、HDR10、HLG)
バッテリー

リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵充電MagSafeおよびQiワイヤレス充電
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

ビデオ再生 最大15時間 最大17時間 最大20時間
ストリーミング 最大10時間 最大11時間 最大12時間
オーディオ再生 最大50時間 最大65時間 最大80時間
高速充電 30分で最大50%充電
(別売りの20W以上のアダプタを使用)
SIMカード

デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

既存のmicro-SIMカードには対応していません

コネクタ Lightning

 

こうして見ると、ほとんどが同じ機能を持っているんだね。
コンシェルジュ
そうですね、今回はサイズとカメラ性能が選択のポイントになろうかと存じます。
小さいほどお財布にも優しいし、そこまで性能が変わらないならminiに人気が集まりそうなのもわかる気がするな。
コンシェルジュ
インスタやYouTubeに利用なさる方はやはりカメラ性能が重要のようです。ライフスタイルで選ぶスマートフォンも変わるのですね。

1.5G

ダウンロードが超高速に!ストリーミングは高品質。

5G利用で動画の再生やゲーム時のストレスがぐんと減ります。

 

2.A14

A14 Bionicチップはスマートフォンで最速のチップです。

処理速度が早くなるので、こちらもストレスが減ります。

『とにかく早い』というのがiPhone12のウリになっています。

 

3.Super Retina XDR ディスプレイ

エッジからエッジまで広がるディスプレイOLED明るさを明るく、黒を一段と黒く、解像度が一段と高くなりました。

デザインが近年発売されていた優しい印象の丸みを帯びた物から、iPhone5以来のエッジのきいたスタイルになっています。

フラットな感じもポケットに収まりそうなデザインで、今の時代にあっているように思います。

 

4.Ceramic Shield

ガラスが違うんです。ナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んで作ったことで、iPhone12ならではの頑丈で透明度の高いガラスとなりました。

傷に対しても強くなったということで、大切なスマホが傷つきにくくなったことは喜ばしいことです。

また、カバーとボディのエッジを同じ高さにしたことで、さらにしっかりと守られ、耐落下性能がなんと4倍もアップ!

 

5.耐水性能の向上

iPhone7からやっとiPhoneが防水仕様になったのですが、今回はIP68と、今までで最高の防水性能があります。

水深6mで最大30分間耐えられる!?

防水仕様になったことで、今回もイヤフォンジャックはなくなり、ライトニング端子から、もしくはBluetoothを使ってのイヤフォン利用となります。

 

6.ナイトモード

これがこのiPhone12の大きな進化

SNSの進化でより簡単により美しい写真をスマートフォンに求める人が増えています。

それにバッチリ応えることができるiPhone12。

暗くてもキレイに写真に残せる、今までガッカリしていた夜間撮影も、iPhone12ならシャープに美しく簡単に撮影ができるというものです。

 

7.4K HDRビデオ撮影

写真だけでなく、ビデオ機能もUP。

スマートHDRが、その時々に被写体を機械学習し、時にはシャープに、時には優しく調整してくれるので、あなたはただ撮影するだけで良いということです。

 

8.MagSafeアクセサリ

MagSafe専用のケース、またカード入れ、その両方をマグネットでピタッとくっつけてしまいます。

シールドがあるので、クレジットカードを読み取られるといったことがありません。

また、ピタッとくっつくことでワイヤレス充電も、確実で早く完了するとのこと。

ちょっとこのケースとカード入れ・・・見た目どうよ???
コンシェルジュ
お好みは人それぞれなので何とも申し上げられませんが(^^;)日々進化しておりますので、後日もっと嵐さま好みのものが発売されるかもしれませんよ。

 

 

まとめ

5G対応のiPhone12は、ワイモバイルでの動作確認が済んでおります。

残念ながら5G対応の機種であっても4Gまでしか使えません。

ですが、A14 Bionicチップ搭載で、今までのものより、処理速度は速くなり、ナイトモードもついて、カメラ・ビデオ性能もずいぶんアップしますので、十分価値はあるといえます。

そもそも5G自体の整備がまだまだであり、たとえ機器が5G対応だとしても4Gがメインとなります。

ワイモバイルではiPhone12全てのタイプで動作確認ができております。iPhone12 miniを使用始めましたが、コンパクトで、どんどん大きくなっていたスマホがとても軽くて場所を取らなくなり、使用感はとても良いです。ただ、長く使用していると本体が熱くなるのが気になるところです。

ますます進化するスマホで、もっと自由に、ワクワクライフを楽しみましょう!!!

<下取りは他社のスマホもOK!>

高価下取りで月々の支払いが更に割引に! 他社スマホもOKなのでiPhoneもAndroidも!破損ありでも下取りしてもらえるものもあるので要チェック!

下取りの対象機種と割引額はこちらからチェック>>

 

PR

 

\ SNSでシェアしよう! /

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

初めてでも安心!コンシェルジュが教える@格安スマホの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

K

K

ドコモ、Tu-Ka、au、Softbank、ウィルコム、ワイモバイル、mineo・・・と、いろんな携帯電話会社にお世話になってきました。今はSIMフリーのiPhone7plusとHUAWEI P10 LITEの2台持ちで、格安SIMを試す日々。海外旅行の時もSIMフリーになって楽になりました!

関連記事

  • アクションプランで携帯代金は安くなる?便利になる?乗り換えしやすい?

  • スマホの地図アプリ3分でわかる基本操作から道案内とメールで位置を送るまで

  • 【iPhoneで初めての格安SIM】使い方と選ぶ基準・乗換えの際の注意点

  • iPhoneで格安スマホ・格安SIMにするとアプリはどうなるの?デメリットは?

  • iPhoneに通知やプレビューを表示させたくない時と元に戻す時の巻

  • MNPも楽々【格安スマホ】へ乗り換えのタイミングと手順を全部チェック